リラクゼーション
  • 1月のリラクゼーション
  • 2月のリラクゼーション
  • 3月のリラクゼーション
  • 4月のリラクゼーション
  • 5月のリラクゼーション
  • 6月のリラクゼーション
  • 7月のリラクゼーション
  • 8月のリラクゼーション
  • 9月のリラクゼーション
  • 10月のリラクゼーション
  • 11月のリラクゼーション
  • 12月のリラクゼーション
6月のストレス解消! リラックス法
    
■6月のストレス解消! リラックス法  
生き生きする・・・体を整えて生き生きとした生活
みんなの関心が高いアンチエイジング。体や脳の機能を若々しく保ち、元気に長生きが目標です。そのために必要なのは、体を中から整えるちょっとした気配り。
老化の大敵、活性酸素に対抗する抗酸化物質を含む食品を摂ります。おすすめはいろいろな色の野菜や果物。次に運動が欠かせません。
体を若く保つには、骨を丈夫にして筋力をつける必要があります。
衰えは脚腰から。歩いて筋力をつけましょう。折にふれてストレッチをしていると、全身がしなやかに動くようになります。そして、大切なのが気持ちです。
好奇心が旺盛、思いついたらすぐ実行、物事を楽天的に見る、こんな前向きの姿勢で毎日を過ごせば若さは、自然についてきます。
生き生きする・・・体を整えて生き生きとした生活

あなたにおすすめのリラックス呼吸法
●肌の衰えが気になるあなた

加齢や睡眠不足で新陳代謝機能が落ちると、肌のトラブルが起こります。新陳代謝を活発にするには、鉄分、ビタミンCを多き含む食品と、十分な睡眠が必要です。

●脚の冷えやむくみが気になるあなた

下半身の筋肉の柔軟性がなくなっています。脚の指を1本ずつマッサージし、足首を回して血行を促しましょう。むくみ解消には利尿作用のあるカリウムがおすすめ。

●最近食べ物を噛みにくいあなた

食べ物をかむと血行がよくなって脳が活性化します。よく噛める丈夫な歯は、アンチエイジングの必需品。歯科の検診、歯と歯ぐきの手入れを怠らないように。

●眠りが浅くなっているあなた

若返り効果ありといわれる成長ホルモンは、深い睡眠時に分泌されます。昼間、体と頭をよく使い、眠くなってからふとんに入るなどの対策で心地よい眠りを。


若々しい人になる・・・アンチエイジングのヒント
特別なこと、大変なことではなく、気楽に毎日続けられる老化防止対策です。
●さっそうと歩く

歩くときは、やや速早足で距離を少しずつ伸ばしましょう。四季の変化を楽しんだり、寄り道もOK。階段をさっそうと上がれば、運動効果も満足感も味わえます。

●とにかくやってみる

これだ!と思うアンチエイジング法はすぐに実行。面白そうに思えたら、新しい電子機器にも手をだしてみましょう。身軽に行動できる人は老けません。
●体のメンテナンスに気を遣う

血管や骨、筋肉など、どこかが弱くなっていないか調べましょう。バランスの崩れが老化を招きます。年1回の健康診断で、全身の健康バランスチェックを。
 
食べてアンチエイジング
年齢とともに食べる量が減ってきますが、何でも食べることが老化防止には大切。食を大切にすることは、若さを保つ第一条件です。
食事は薬ではありません。楽しくおいしく食べれば効果大。ただし、食べ過ぎはいけません。腹7分目が長生きの秘訣。


肉や油脂は生活習慣病の元とばかりに、目の敵にする人がいますが、動物性タンパクや油脂類が不足すると老化が進みます。適度な量が必要です。


野菜や果物に含まれる色素や香りの成分は、ポリフェノールやカロチノイド、含硫化物などには、強い抗酸化作用があり、アンチエイジングに有効です。
参考文献:「40代からの頭と体を若返らせる33の知恵」著者:塩谷信幸 発行:三笠書房



カビの多い時期、窓やドアを対面に開けて換気。エアコンのフィルター、除湿機のタンクは清潔にしましょう。
畳やカーペットの髪の毛やほこり、ダニの原因。ふとんは天日干しと掃除機で、ダニを駆除しよう。
今月のリラクゼーション